当初は倶知安で折り返したが、晩年はニセコまで延長運転された

1号機から21号機までは 日立製作所笠戸工場製

沿線 思い出の車輌

C62−3号機は、特急用蒸気機関車として昭和23年に
製造され東海道本線などで活躍したが、昭和31年より
小樽築港機関区に配属になり函館本線で「ていね」「大雪
」「まりも」「ニセコ」などの急行列車を牽引した。
昭和48年に休車扱い後、小樽市手宮の北海道鉄道記念館に保存されたが、昭和63年春、見事に復活、山線.小樽−倶知安間で営業運転を開始した。
多くのファンを魅了するも、費用捻出や軸受の焼損事故などが重なり、平成7年秋に引退、現在は苗穂工場に静態保存されている。

新得機関区から移築された専用転車台

別棟
C62 3 画像

快速ニセコ号 C62−3  

C62−3 画像

C62 ニセコ 画像