沿線 思い出の車輌
−− 中央線.小海線.大糸線.青梅線 −−

中央線  「特別快速」

昭和42年、国電区間が”東京−高尾”に延長され
ると同時に「特別快速」の運行も開始されました。
当始は昼間のみの運行でした。

当時、複々線化は 中野〜荻窪間で、三鷹まで延
長されたのは、昭和44年春のことです。

高架、複々線化工事中の吉祥寺駅

特別快速 画像 写真
183形あずさ号 画像 写真

国鉄 183形 特急 あずさ号

昭和41年末に登場した中央本線、篠ノ井線経由
で新宿〜松本間を結ぶ特別急行列車。
一部列車は大糸線の信濃大町、南小谷まで直通
運転を実施。
兄弟歌手の狩人が歌った「あずさ2号」は有名で、
一般の人にもなじみが深い列車です。


中央本線.長坂駅付近にて

EF64 電気機関車 画像 写真

JR EF64形 電気機関車

旧国鉄が1964年に開発した勾配線区向け直流
電気機関車。
重連運転を想定して”重連総括制御装置と正面貫通
扉を備え、下り坂の安全対策として発電ブレーキを搭載しています。

中央線 小淵沢〜長坂間 三峰の丘にて