沿線 思い出の車輌
−− 中央線.小海線.大糸線.青梅線 −−

国鉄 ED16形 電気機関車

1930年代初頭、中央本線電化に伴い
製造された低速型.中型機関車。
戦後、輸送量の増加からF形機関車にそ
の座を譲り1950年に立川機関区に集め
られ、青梅線、南武線の貨物輸送に使用さ
れました。青梅線は路盤強度が弱く、F形
機関車が入線できなかったため、長い間
使用されファンに親しまれました。
青梅名物”石灰列車”と言えばED16の
代名詞のようなものでした。

1996年八王子〜高麗川間が電化されるまで八王子〜高崎間で活躍 八高線のキハ35系

奥多摩駅で発車を待つED16石灰石列車

ED16 画像 写真
キハ35系 画像 写真
クハ79 画像 写真

国鉄 72系 クハ79形 電車

戦時設計の20m.4扉.ロングシート車で、戦後復興期の大量輸送に大きく貢献、クモハ73、モハ72、サハ78の組み合わせで1400両以上製造され、まさに国電の代名詞となりまた。
101系の登場後は”旧国”と呼ばれ、活躍の場も南武線、青梅線、御殿場線などに移っていきました。
ブドウ色と言われる茶色の車体、木製の床、車体の中心、扉の前にある”棒”、吊り掛け式の駆動音、古いモノ好きのマニア達は最後の活躍の場に通ったものでした。

国鉄 キハ35系 気動車

101系の気動車版と言われた大都市近郊の非電化
通勤路線用車輌。中央線沿線では、八高線、川越線
相模線で、電化されるまで使用されました。


奥多摩方面に向かうクハ79先頭の普通列車 軍畑付近