九十九里鉄道残骸

別棟

昭和36年に廃止された九十九里鉄道は
東金と上総片貝を結んでいた軽便鉄道
でした。
廃線後、京成の新鉄道計画により、東金
駅旧構内に車両が保管されていましたが
計画が実現することなく朽ち果て処分され
たということです。

九十九里鉄道残骸 画像

ほとんどの車輌は朽ち果て、貨車と首つり台がかろうじて残っていました 東金駅にて

首つり台 画像

沿線 思い出の車輌