沿線 思い出の車輌
−− 中央線.小海線.大糸線.青梅線 −−
クハ86 画像 写真

俗にいう「湘南電車」の初代車輌。
オレンジとグリーンの塗装は”湘南色”と言われ
静岡県の特産品”みかんとお茶”をイメージしたと
PRされたが、実際は警戒色を兼ねていたと言わ
れています。
また鼻筋の通った”二枚窓”のデザインは、同じく
”湘南型”と言われ、その斬新な形状は非常に好
評であり、国鉄、私鉄を問わず、電車から機関車、
路面電車、森林鉄道にまで同様のデザインが採
用され、一大ブームを巻き起こしました。

昭和41年.完成した当時の豊田電車区

国鉄80系 クハ86 制御車

旧国鉄初の近代メカニズムを搭載した「新性能電車」
吊り掛け駆動方式からカルダン駆動方式に変更され
採用された基本システムは、その後多くの国鉄電車に
応用されました。
当時の最混雑路線である中央線の輸送改善を目的に
開発がすすめられました。

1976年 炭台と給水塔が残る小淵沢駅にて

クモル24 クハ76 クル29 画像 写真

国鉄 クモル24+クハ76+クル29

車体長17mのクモハ11系を改造して製造された片運転台の事業用制御電動車(配給車)。車体の後部
が無蓋化された”L型”のデザインが特徴的。
クルは同じくクハ16系を改造した制御車。
電車の車輪やモーターなどの大型部品を電車区に届けるための業務用車輌。


廃車回送でしょうか?クハ76をサンドイッチして上り総武線を新宿方面に向かって走ってます。

中央線 東中野付近にて

国鉄 101系 通勤形電車

中央線.豊田電車区に勢ぞろいした101系電車

豊田電車区 八トタ 画像
八トタ 豊田電車区 画像