甲府五山筆頭 長禅寺

長禅寺は現在の南アルプス市にありましたが、信玄公が岐秀元伯禅師を開山として、
現在地に長禅寺を開創し、甲府五山の筆頭寺としました。
岐秀は信玄の幼少期からの師で、信玄は出家得度の大導師に岐秀を仰ぎ「機山信玄」
の号を与えられました。
寺には大井夫人の廟所があり、信玄の弟・逍遥軒信綱が母を追慕して描いた大井夫人
画像が重要文化財に指定されています。


 
甲府市ホームページより抜粋

大井夫人墓参道 画像
大井夫人の墓 画像
長禅寺本堂 画像
長禅寺 山門 画像