国史跡  勝沼氏館跡

勝沼氏は、武田信虎の同母弟、次郎五郎信友によって興された武田親族衆の一員で、信虎が戦国大名として台頭しようと
苛烈な戦いに明け暮れていた時期に、最も信頼していた家臣でもあります。そのため、郡内.小山田氏の目付として、武相
口の護りとして適地である勝沼の地に館を構えたと思われます。
天文4年に信友が戦死し、その名称を継いだ嫡子信元も信玄の有力な親族衆として、また家臣として常に重要な軍事力の
一端を担ってきましたが、永禄3年に、逆心の企てが露見し、信玄によって処断されたと言われています。

この主郭は勝沼氏館跡の中心に相当する郭で、二重堀と二重の土塁で囲まれた敷地に建物跡、門跡、水溜、側溝、土塀
など多くの遺構が検出され、当時の館内部の生活を知る上で大変貴重なものです。


国史跡指定月日  昭和56年5月28日


現地案内版より 抜粋