駅から駅 ウォーク


四谷〜信濃町の坂道めぐり

観音坂 画像 写真

観音坂(かんのんざか)

西念寺と信成院の間を南に下る坂。坂名は真成院の
潮踏観音にちなむ。別名は西念寺坂、潮踏坂、潮千坂。
潮踏観音は、江戸時代以前に四谷周辺が潮踏の里と
呼ばれたことにちなむ。潮の干満につれ台石が湿ったり
乾いたりするので汐干観音とも呼ばれた。

現地案内板より

東福院坂 画像 写真

東福院坂(天王坂)

坂の途中にある阿祥山東福院に因んでこう呼ばれた。
別名天王坂は、明治以前の須賀神社が牛頭天王社と
称していたため、この辺が天王横町と呼ばれたいたこと
による。

現地案内板より

暗闇坂 画像 写真

暗闇坂(くらやみざか)

この坂の左右にある松厳寺と永心寺の樹木が繁り、
昼間でも薄暗い坂であったため、こう呼ばれたという。
(御府内備考)

現地案内板より

戒行寺坂 画像 写真

戒行寺坂(かいぎょうじざか)

戒行寺の南脇を東に下る坂で、坂名はこれにちなんで
いる。別名油揚坂ともいわれ、坂の途中に豆腐屋があ
って、質の良い油揚げをつくっていたからこう呼ばれた
という。


現地案内板より

鉄砲坂 画像 写真

鉄砲坂(てっぽうざか)

江戸時代、この辺に御持筒組屋敷があり、屋敷内に
鉄砲稽古場があったため、鉄砲坂と呼ばれるように
なった。また以前は、この地に赤坂の鈴降稲荷があっ
たため鈴降坂と呼ばれていた。


現地案内板より

出羽坂 画像 写真

明治維新後、この坂に旧松江藩主であった松平伯爵の
屋敷移転してきたため、こう呼ばれるようになった。
松平伯爵邸内には、修徳園と呼ばれる名庭があったが
太平洋戦争後取り壊された。


現地案内板より

千日坂 画像 写真

千日坂(新千日坂)

この坂下の低地は、一行院千日寺に由来し千日谷と
呼ばれていた。坂名はそれにちなむものである。
ただ、かつての千日坂は明治39年の新道造成のため
消滅し、現在の千日坂はそれと前後して造られた新千
日坂である。

現地案内板より

出羽坂(ではざか)