甲府五山 東光寺

名僧・蘭渓道隆(大覚禅師)が再興し、信玄公が厚く保護したお寺です。
信玄公の長男・義信と諏訪頼重のお墓があります。
長男・義信は父・信玄と対立したといわれ、東光寺に幽閉され、自害しています。また、諏訪頼重は、名門・諏訪家の当主で、信玄公の諏訪侵攻の時、捕らえられ、東光寺に幽閉され、切腹しました。
そのほか、境内には、蘭渓道隆が築いたといわれる見事な庭園(県文化財)、室町時代に建てられたという、国の重要文化財に指定されている仏殿(薬師堂)などがあります。

 甲府市観光ガイドより抜粋

東光寺 庭 画像
東光寺 薬師堂 画像
東光寺 庭園 画像
諏訪頼重公の墓 画像
武田義信公の墓 画像

諏訪国主
諏訪頼重公の墓

武田家嫡男
武田太郎義信公の墓

おのづから枯れ果てにけり草の葉の
主あらばこそ又も結ばめ

雲もなく晴れたる空の月かげに
よるとはみえぬ瀧の白糸