小淵沢町指定有形文化財   義光山 矢の堂

戦国時代、信濃平定を目指す武田信玄は、信州大門峠の合戦に向かう折、矢の堂に先勝祈願したところ、見事勝利をおさめ、これを機に矢の観音を棒道に近い観音平に移して祀ったと言われています。
信玄はその後も信濃攻略の度々に観音平に立ち寄り戦勝を祈願したとされています。矢の堂は武田氏滅亡後荒廃しましたが、安永10年(1781年)現在の小淵沢町内に再建され、観音平には矢の堂跡が残されています。

矢の堂 小淵沢町 画像
義光山 矢の堂 画像