土木学会選奨土木遺産  奥多摩橋

この地には、古来より多摩川を挟んで吉野村と三田村を結ぶ「竹の下の渡し」がありました。大正9年に発足した地元架橋
促進委員会の陳情により昭和2年に架橋が認可され、地元の人たちの積み立てと都の出資により昭和14年(1939)3月
に奥多摩橋が完成しました。
本橋は、水面から高さ33m、橋長176mの雄大なブレースドリブアーチ橋で、側径間は、都内では珍しい魚腹トラスとなっ
ています。戦前の道路用鋼アーチ橋としては、最大スパン(108m)であり、アーチライズの大きい優美な橋梁であることか
ら、平成21年11月に近代土木遺産の中から選定されました。



現地案内板より

奥多摩橋之碑 画像
奥多摩橋 画像