小荒間古戦場跡 (長坂町指定文化財)

天文9年(1540)2月、信濃の村上義清方の軍勢3500余が小荒間に押し寄せ近郷を焼き払ったので、武田晴信(信玄)は
旗本を率いてこれと合戦し、勝利を得た所といわれている。
信玄が本陣を敷いた所を「中屋敷」という。「御座石」、「遠見石」、「鞍掛石」などがあり、西方には「耳塚」と呼ばれる塚がある
このあたり一帯より、鏃、仏像、兜などが発掘されたと伝えられる。
信玄の軍用道路といわれている「上の棒道」は、この古戦場の近くを南東から西北に伸びている。


平成12年3月  長坂町


現地案内板より

信玄公 御座石 画像
小荒間古戦場跡 画像