瑞龍山  海禅寺

海禅寺は、かつて末寺42寺を擁した格式の高い寺院であった。開山は一州正伊で、この地の豪族三田氏の厚い保護を
受けていた。五世太古は三田弾正少弼綱秀の援助を受けて当寺を再興したが、永禄6年、三田氏滅亡の際、兵火にかか
って諸堂ことごとく焼失したという。その後も数度罹災しているが、多摩地方山岳部の中世禅宗伽藍の典型として歴史上、
建築史上貴重であった。不幸にして昭和59年10月本堂庫裏が焼失している。
都指定旧跡「三田氏一族の墓」は山門をくぐった左手にある。なお、三田氏は勝沼城(青梅市内)を居城とした豪族であった
が、北条氏照の攻撃を受けて、当寺裏山の辛垣城に拠ったが、ここでも敗れ去っている。



現地案内板より

海禅寺 山門 画像
海禅寺 本堂 画像
青梅市 海禅寺 画像
三田氏一族の墓 画像
三田氏の墓 画像
海禅寺 三田氏墓 画像