大悲山  塩船観音寺

真言宗醍醐派の別格本山で大化年間、若狭の国の八百比丘尼が柴金の千手観音像を奉安したことに始まり周囲の地形が船の形に似ているところから仏が衆生に救おうとする大きな願いの弘誓の船になぞられて天平年間.僧行基が塩船と名付けたと伝えられている。貞観年間には、僧安然が十二の坊舎を建ててりゅう興隆をきわめたと伝えられています。
寺歴1300年の寺で金子十郎ゆ平将門の末裔として青梅地方の豪族三田氏の帰依を受けて大悲山塩船観音寺と称して現世利益の祈願寺として今日に至っております。


現地案内板より

仁王門

薬師堂へ至る

阿弥陀堂

本 堂

護摩堂 本坊

薬師堂