山村稲荷大明神 画像

山村代官下屋敷

山村氏は鎌倉幕府の大学頭大江一族の
流れを祖とし、木曽義元の客食となったこ
とに始まり、木曽氏の重臣として活躍しま
した。後に関ヶ原に向かう徳川秀忠の先
陣として活躍したことから木曽谷の徳川
直轄支配をまかされる木曽代官となり、
以降、明治2年に至るまで274年間木曽
谷を支配し関所を守っていました。

木曽の山林と四大関所の関守を兼ねてい
たその権力は強大で、文政11年の絵図に
よると庭園が20もあり、築山泉水の庭が5
つ、その一つがここ下屋敷と庭になります。

山村代官屋敷 お末社さま 画像
山村代官下屋敷 書斎 画像
山村代官屋敷 饗応料理 画像