大通寺 鐘楼門 画像

智勝山

関ヶ原の合戦の後、柱山和尚を開山と
して、木曽代官.山村良勝によって建立
されました。鐘楼門は、1778年9月に
建てられ、木曽福島に現存する木造建
築物で最古と言われています。


梵鐘は1664年に山村忠清、森田佐右
衛門によって寄進されましたが、第二次
世界大戦中に供出、昭和53年に再鋳さ
れました。

真理姫は武田信玄の三女で、天文24年、木曽に攻め入った信玄が、領主.
木曽義康と和睦した折、その嫡子義昌のもとへ甲府より嫁いできた。
そのとき真理姫はまだ6歳ぐらいと言われている。
武田家滅亡後、天正18年、木曽家は徳川家康によって綱戸(千葉県)にところ
替えになり5年後義昌は病没、後を継いだ義利の乱行により木曽家は御取潰し
苦難の時代を過ごした。
真理姫は晩年、末子.義通と共に木曽に戻り三岳村に隠棲した。1647年、98歳
の長寿を全うして波乱の生涯を閉じた。
大通寺は慶長4年、木曽家の屋敷跡に代官.山村良勝が創建した寺であるが、
良勝が義昌の重臣であったこと、また祖母が義昌の叔母であったという説もあり
それらの縁によって供養塔が建てられたものと思われる。

現地説明板から抜粋

真理姫供養塔 画像

真理姫供養塔

武田信玄息女

大 通 寺