岩殿 鬼の杖 画像

鬼の杖
(大月桃太郎伝説)

昔々、大月周辺がまだ海だった頃、岩殿山は島で”赤鬼”が住んでいたことから「鬼ケ島」と呼ばれていました。
赤鬼はもともと都留市の九鬼山にいましたが”赤鬼”のため、他の青鬼たちから嫌われ岩殿山に住みつき、
自暴自棄になって大酒を飲んでは麓から金銀財宝を盗んだり、女、子供をさらったり、牛や馬を食べたりして
村人から恐れられていたといいます。

ある日、百(桃)蔵山から特別大きな桃が転がって、桂川の流れにのり、川下の鶴島で洗濯をしていたおばあさん
に拾われました。家に帰ってお爺さんと桃を食べようと割ったところ男の子が生まれ、桃太郎と名付けられました。

おばあさんに毎日作ってもらった”
おつけだんご”を食べて、元気にたくましく成長した桃太郎は、岩殿山で悪事を
働いて人々を困らせていた鬼の噂を聞き、退治してやろうと出かけることになりました。
おばあさんから”
おつけだんご”を餞別に作ってもらい、道中それを分け与えて、犬目で犬を、鳥沢でキジを、猿橋
で猿を家来にしました。

岩殿山に着いた桃太郎が大声で叫ぶと、鬼は怒って手に持っていた石の杖を折り、一方を桃太郎に向かって投げ
つけました。それが途中で地面に落ちて地震が起きました。この辺りを石動と言うようになり、石の杖は今でも
「鬼の杖」として残こり、岩殿山を向いて地面に突き刺さっています。


以上 大月おつけだんごの会様HPより 抜粋