小丹波熊野神社の舞台 画像
小丹波熊野神社 画像

古里駅から里道を上がっていくと立派な大鳥居が見える。それをくぐると目の前に入母屋造りと昔ながらの茅葺屋根
の神楽殿がある。川井八雲神社と同じくこれが楼門の役割も兼ねている。床下を通って広い境内に出ると左右に杉の
巨木が数多くそびえ立っている。イザナミノミコト、スサノオノミコト、コトシロヌシノミコトの三柱が祭られて、青梅市御嶽
の熊野神社から分祀されたとも伝えられている。
しかしこの神社で何より有名なのは農民歌舞伎や地芝居が演じられた神楽殿。幕末から昭和のはじめににかけては
こうした農村舞台が奥多摩の神社にいくつも造られた。
神楽殿の大きさは八雲神社のそれとほぼ同じ大きさだが、ここでは広場が観客席。

社殿を右にまわると、安産の神様が祭ってある。塩かまど神社と名づけられ、御神体は女性の身体そっくりの自然石。
妊娠した女性がこの神様を拝むと、必ず安産で子供が生まれるといい、安産石として古い記録にも書かれているとの
こと。

※タウンガイドブック 青梅.奥多摩への道(昭和印刷出版)より 抜粋

小丹波熊野神社