丹叟院 画像
丹叟院 庭園 画像

丹 叟 院

こ昭和23年、無量山西光寺と万松山丹叟院が合寺したお寺。間口約13m奥行き11mという堂々とした本堂が
小丹波の集落をゆったり見下ろしている。観世音菩薩がおられる本堂にお参りした後、右手の阿弥陀堂に向かう。
大永年間(1521〜27年)に建てられたと伝えられ。奥多摩最古の建築物と言われる。めったに開かれることのない
堂内には正面中央に阿弥陀像。左右の間には三四観音がそれぞれ17体ずつ安置されている。左には二鬼をお供
に閻魔大王がこちらを見つめる。

※タウンガイドブック 青梅.奥多摩への道(昭和印刷出版)より 抜粋