川井八雲神社 参道 画像
川井八雲神社 石崖桟敷 画像

この建物は、演劇の舞台としての機能と、神社の楼門に似た性格とを兼ね備えた特殊な遺構である。桁行10.9m
、梁間5.5m、懸造、屋根寄棟造、カヤ葺。階上の舞台面は地表から0.8m高、前面の雨戸及び中央二本の柱は
取外し可能、背面中央は雨戸附の窓、左側面の手前間は出入口、他は板壁であり、階下の中央は神社の参道、
社殿に向かって右脇間は楽屋、左脇間は物置になっている。
なおこれと同じ様式の舞台は、ここから北西1.1kmの小丹波熊野神社にも存する。

舞台に面した社殿前の石崖は、6段に構築され、観覧用の桟敷として利用される。

※現地案内板を転写

東京都指定有形民俗文化財

川井八雲神社の舞台及び石崖桟敷