大正橋の由来 画像
青梅線 大正橋 画像

こちらは青梅線のアーチ橋

大正橋の由来

この地に橋が架かる以前、人々は大丹波川の浅瀬に丸太や板を渡し川を渡っていました。そのため大雨
が降ると丸太や板は流され、交通は途絶えてしまいました。この様を憂いた川井村の名主.中村庄蔵氏
は、私財を投じて江戸時代後期の文化11年(1814年)橋を完成させました。当時この橋は「大橋」もしく
は「川井之橋」と呼ばれていました。この橋の構造は山梨県大月市にある「猿橋」に似た「肘木橋」と呼ば
れるもので、橋長七間(14.5m)幅四尺(1.2m)の立派な木橋でこの地方を描いた「新編武蔵野風土記
稿」「武蔵野名所図絵」「御岳山−石山紀行」等にいずれも挿絵入りで紹介されています。
その後およそ20年毎に橋は架け替えられました。この時代の橋台は今も橋の下流に見ることが出来ます。
大正時代になると人々の往来や物資の流通も活発になり、大橋も大正8年(1919年)、強固で広い橋へ
架け替えられ、これを期に橋名も「大正橋」へと改められました。この橋は木鉄混合のトラス橋で橋台に
は赤レンガと御影石を用いた大変美しい橋でした。その後交通量の増大や老朽化等により、昭和11年(
1936年)には鋼アーチ橋に、昭和54年(1979年)にはコンクリート橋へと架け替えられました。
今回、大正橋の拡幅に伴い歴史性を十分考慮し、大正時代の橋台のイメージを中心に橋の化粧直しを行
いました。今後とも大正橋が永く、多くの人々に親しまれることを願うものであります。

※現地案内板を転写