裏宿七兵衛 宗建寺 画像
七兵衛の墓 画像

裏宿の七兵衛

天下の怪盗

江戸時代、八代将軍吉宗の頃、青梅裏宿にひとりの盗賊がいた。名を「七兵衛」といい、江戸の豪商から
奪った財宝を飢饉に苦しむ貧しい人々に分け与え、元文四年(1739年)に処刑された後も”義賊”と呼び、
人々はあがめ称えたという。
中里介山の「大菩薩峠」にも登場するこの魅力的な怪盗.七兵衛の足跡は、青梅の町に多数残されている。

裏宿町にある七兵衛供養塔には 「わが青梅が生んだ熱血の侠児」 と刻み込まれている。