浄戒山  定 勝 寺

当寺は臨済宗妙心寺派に属し、木曽三大寺中の最古刹です。嘉慶年間に木曽家第十一代の源親豊公が
開創し、その後木曽川の洪水による流出の後、当地に慶長三年(1598)に移建したものが現在の諸堂宇
で、本堂、庫裏、山門、何れも桃山建造物として国の重要文化財に指定されています。
鶴亀蓬莱庭園も美しく、近世禅宗寺院の姿を示しています。
木曽七福神布袋尊霊場であり、定勝だるま坐像、香取正彦平和余韻第十号の大梵鐘のほか木曽氏歴代
による寄進物も数多く、木曽の古い姿を知る重要な資料となっています。


昭和27年3月29日  国重要文化財指定   現地案内板転記

木曽 定勝寺 画像