真田幸隆の墓(長谷寺) 

長野新幹線.上田駅より菅平高原に向かう途中に真田町はあります。山林が多いのですが中心部は盆地状になっており神川および
その支流に耕地が開けています。縄文時代の遺跡も多く早くから人が住みついていた農業生産が豊かな土地です。
長谷寺は烏帽子岳の山裾にあり、1547年、幸隆公が領地を回復した折、「真田山 種月院 長谷寺」 として開基しました。
長篠の合戦の後、三男.昌幸公が家督を継ぐと父の菩提を弔うため諸堂を整備するものの徳川軍との戦で焼失。
信之公の代に上田から松代に移封になると住職も共に移り、松代に「長国寺」を建立。長谷寺は長国寺の末寺となりました。

真田弾正忠幸隆

信濃先方衆、松尾城主


”日の本一の兵”真田一族が戦乱の世に名をあげるようになったのは、幸隆のときからである。幸隆は
弾正忠を称し知略と功績により「攻め弾正」の異名で呼ばれ、武田家中でも一目置かれる存在であった。

天文10年の海野平合戦に敗れ、一時、上州に逃れていた幸隆は、武田信玄に出仕、以後、信玄の先鋒
として信濃攻略に活躍。村上義清を越後に追うと念願の旧領に復帰、川中島の合戦に参加、あるいは上
州に進出するなどの目覚ましい活躍により、外様でありながら譜代家臣と同等の優遇を受ける。


真田家の家紋は”六文銭”と通称される六連銭が有名であるが、この家紋を用いたのが幸隆である。
六文銭は「三途の川」の渡し賃という不吉な意味であるが、不惜身命 武田家に仕え家名を残す覚悟で
家紋に用いたと言われている。



信濃毎日新聞社発刊  真田一族のふるさと より抜粋

− 長野県 上田市 真田町 長4646 −