山本勘介供養塔(宗泉院) 

宗泉院 画像
山本勘介供養塔 画像

穴山駅から国道20号線に向かい”穴山橋”を渡ったところにセブンイレブンがあります。裏手の農道を進むと比較的広い道にでます。
この道は御座石温泉方面に向かう立派な道ですが、途中までしか完成していません。道に交差するように、荒倉山に向かう林道
があり、その中腹に「宗泉院」はあります。このあたりは武田家の軍師.山本勘介晴幸の領地の一部で、川中島の合戦で討死した際、
地元の領民がこの地に供養塔を建てたと言われています。
隣には、甲斐源氏の一族.円井氏のお墓もあります。

山本勘介晴幸

足軽大将、軍師


山本勘介は長いこと実在しない架空の人物という説が強かったが、昭和44年 北海道釧路市で、晴信の書判になる「市河文書」
が発見され、その文中に”山本菅介”の名があり、山本勘介実在説へ大きく進展した。

勘介の特技は城造りがその第一であり、占領した城を堅固な防備の城に造り変えることが最大の使命だったと言われている。
城造りはまず絵図をおこし、その絵図を土図に移し、次に木製の雛型をつくり、それを作事奉行に渡すのであるが、よほどの城
造りの経験、諸国の城の見聞、造詣がないと絵図はひけるものではなかった。

勘介が手掛けた城で有名なのは、伊那口の高遠城、佐久の小諸城、松代の海津城などであるが、枡型、馬出し、三日月堀、
など勘介一流の技術が発揮されている。

これらの技術は「甲州流築城術」として馬場美濃守信春に引き継がれ、駿河、三河方面の城にも見ることができる。



学習研究社発刊  歴史群像シリーズ  風林火山「信玄の戦いと武田二十四将」より

− 山梨県 韮崎市 円野町上円井 −