長坂氏屋敷跡 

長坂氏屋敷跡 画像
釣閑原 画像

長坂町の南東に江戸時代”長閑原(長閑山)”と呼ばれていた山林があります。この北側に館跡があり、甲斐.武田家の家臣.
長坂釣閑斎の館があったと言われています。
東西60m、南北80mで土塁と堀によって囲まれており、南側の土塁が中央で切れて土橋が堀を渡っている部分が虎口となります。
発掘調査などは行われておらず詳細は不明とのことです。


長坂虎房(釣閑斎光堅)

足軽大将、諏訪郡代

釣閑斎は剃髪名で、もとは信虎公から「虎」の一字をもらい虎房を称した。信虎時代の虎房は佐久郡.海尻城に在番していたが
臆病風に吹かれて国元に逃げ帰ったための臆病者のレッテルが張られるも、信玄時代に武功があり、信州経略上の要職、諏訪
郡代に抜擢された。この時代に諏訪御料人と四郎(勝頼)の面倒を見て、勝頼公との間に太い絆が生まれたと言われている。


信玄公が病死すると、有力な家老衆のいない勝頼公の側近におさまり、軍略など何事にも口出しするようになった。
口達者で邪心邪欲が強い釣閑斎は、舌先三寸で武功派重臣と勝頼公の間を切り裂き、長篠の合戦など、武田家の行く末に重大な
影響を与えたと言われている。

最期は、甲府の一条信竜屋敷にて信長の軍勢に殺されたといわれるが詳しいことは分かっていない。


新人物往来社発刊  高野賢彦著  甲州.武田一族衰亡史より

− 山梨県 北杜市 長坂上条 −