諏訪原城址

諏訪原城 画像
今福浄閑墓 画像

静岡県島田市菊川の牧之原台地にある戦国時代の山城跡。城のすぐ南に東海道が通り、東の金谷坂を下ると大井川、西の菊川坂を下ると掛川に出る要所にあります。信玄公の跡を継いだ勝頼が遠江仕置きの一環として、普請奉行.馬場信春、補佐役.武田信豊に築かせたと言われています。遺構は甲州流築城術の特徴である丸馬出し、三日月堀が多数残り、枡形虎口も確認でき、戦国期の築城様式を知る上で貴重な遺構であり、国指定史跡となっています。

信虎、信玄、勝頼の武田三代に仕えた譜代の重臣で、「武田の四名臣」の一人。
歴戦の戦さ巧者で、戦歴40年で一度の擦り傷さえ負わなかったと言われている。信玄時代は譜代家老衆筆頭として諸将はもとより家中一同、雑兵にいたるまで全幅の信頼を寄せられる名将であった。

信春は当初、教来石景政を名乗ったが、諏訪攻めの武功により名門.馬場家を継ぐこととなり、後に病死した”鬼美濃”こと原虎胤にあやかり美濃守を名乗った。
元亀4年、信玄公が逝去すると、山縣昌景とともに勝頼を補佐するも、文官派の勝頼側近と溝ができ次第に疎まれと言われる。
長篠の戦では殿軍を指揮し、勝頼の退去を見届けれと反転して追撃の織田.徳川連合軍と戦い最期を遂げた。敵方の信長公記にも「馬場美濃守の働き、比類なし」と評される見事な最期であったという。

また山本勘介から築城術を伝授され、各地に武田の支城を築いたと言われる。特に東海道筋に多く、ここ諏訪原城をはじめ、江尻城、田中城、小山城も信春の縄張りと言われている。

歴史学者でNHK”その時歴史は動いた!”などの解説で有名な静岡大学教授「小和田哲男氏」は信春の子孫である。

松本楓湖筆.信玄公宝物館蔵

馬場信春 画像

− 静岡県 島田市 −

馬場美濃守信春

侍大将、譜代家老衆筆頭