岩村城址

− 岐阜県 恵那市岩村町 −

秋山伯耆守信友

侍大将、伊奈郡代、岩村城主

恵那市の南部、明智鉄道.岩村駅下車。本丸が高地にあるため日本三大山城の一つ。付近は霧が多く発生することから”霧が城”とも呼ばれています。武田氏支配の後、信長の寵臣森蘭丸などが城主となり、城代.各務兵庫助元正が現在の城郭を完成させたと言われています。
遺構の保存状態は非常に良く、石垣、井戸などが多数残ります。2006年には”日本100名城”の一つに指定されました。

天文11年、16歳でで諏訪攻めに初陣した信友は、天文15年の戸石合戦に従軍し50騎の侍大将となる。翌16年には伊奈北部の三砦を攻め落とし上伊奈郡代、弘治2年には上下伊奈郡を支配する伊奈郡代を任命され、坂西、一瀬、知久、春近衆の200騎を付され、250騎の将となる。

永禄5年、飯田城代となった信友は、東濃を攻め遠山氏を撃破、田峰、作手、長篠の諸城を降して信玄公に属させた。
元亀3年、信玄公が上洛の軍を起こすと同時に信友は岩村城を攻めるが、日本三大山城の一つで難攻不落を誇る岩村城を力攻めはせず策略をめぐらす。当時、城主であった遠山景任は病死しており信長は7歳の五男.御坊丸を岩村に送り、景任未亡人に後見させていたが、城内には武田の東濃仕置きに恐怖する反信長派が存在していた。

信友は反信長派を誘い、景任未亡人を自分の妻にすることで岩村城を無血開城させ、御坊丸を人質として甲府に送った。
勝頼公の時代になっても信友は岩村城を守り、東濃出兵を援護していたが、長篠の大敗以降、東濃の勢力も逆転することとなる。
天正3年、信長の嫡男.信忠は3万の軍勢で岩村を囲むも海抜721メートル、付近の山々からも独立している山城は水も豊富でなかなか落ちない。
籠城5か月目、信長自ら布陣し和議を提案。信友は信長の魂胆を見抜きながらも和議を受け入れ岐阜の長良川で磔刑に処せられた。享年49歳

美濃国 岩村城 画像
岩村城址 石垣 画像
松本楓湖筆.信玄公宝物館蔵
秋山信友 画像
岩村城 本丸 画像
岩村城 霧ヶ井 画像