三増合戦場跡

三増合戦場跡 画像

北条氏康、氏政父子が籠城する小田原城から平塚、津久井経由で甲斐に戻る武田軍と北条氏邦、氏照連合軍が激突した場所。
城攻めに失敗、敗走したかに見せかけ、敵を誘き出す信玄公の作戦に乗った北条連合軍は、待ち伏せしたつもりが逆に伏兵に
襲われ、3200人の犠牲者を出したと言われています。

曽根下野守昌世

足軽大将、軍目付、軍監

信玄公、奥近習の一人で真田昌幸とともに”両の眼”と言われた義信派の青年将校。
騎馬15騎、足軽30人を預かる足軽大将として 永禄年間に内匠助、天正10年頃に下野守となる。
義信事件の際、嫡子.周防が信玄公に成敗されたことにより、一時、武田家を離れる。

帰参後、浅利隊の軍監として三増合戦に参加、大将 浅利右馬助信種が鉄砲に打ち抜かれて戦死した際、代わりに部隊をまとめ、北条勢を蹴散らしながら引き揚げに成功。
その功により、駿河.興国寺城代に任じられる。

早くから信長に内通していたとも言われ、武田家滅亡後は徳川家康に従い、武田家旧臣の徳川帰順に際しては起請文奉行の大役を任命されている。
のちに蒲生氏郷に仕え、甲州流築城術で会津若松城を築いたと言われている。

武田信玄公旗立松の跡

恵林寺蔵
曽根昌世 画像

浅利明神 画像

− 神奈川県 愛川町 −