− 群馬県 吾妻郡東吾妻町 大字原町 −

岩櫃城 掘

永禄4年の川中島の戦いは、信玄と謙信の一騎打ちがあったと伝わる
激戦であり、武田軍は本陣まで斬り込まれ窮地の中、信玄公の床几脇
を少しも動かぬ二人の近習がいた。一人は土屋平八郎(昌次)であり、
もう一人が昌幸であった。この戦が初陣とし、年は17歳と伝えている。
昌幸は長じるにつれ土屋平八郎、曽根内匠、三枝勘解由左衛門らと
ならんで重用されていった。
信玄公から「我が両眼のごとき者」と称され、武篇公事の奉行や検使
の大役を任命された。
信玄の死後、勝頼が跡を継ぐが”長篠の合戦”で織田、徳川連合軍に
惨敗。長兄、次兄が討死すると昌幸が真田家の当主となる。
信長の甲州攻めのとき”岩櫃籠城を提案するも勝頼は天目山で討死。
主家.武田家滅亡後は大勢力の狭間を巧みに生き抜き、豊臣秀吉から
表裏比興の者と評され、自ら築城した「上田城」にて、徳川軍を二度まで
も撃破。信玄公が直々仕込まれた軍略用兵術を用い、真田の名を近隣
に留まらず諸国に鳴り響かせた。
関ヶ原の戦いに西軍に付いた昌幸は、切腹の処を長男.信之の助命嘆願
にて紀州.九度山に蟄居。再び世に出ることなく慶長16年に逝去。

岩櫃城は岩櫃山(標高802m)の中腹東面に築かれた典型的な中世の山城であり、
山頂より約200m低い場所に本丸.二の丸.中城があり、これらを中心に広い範囲
で竪堀や曲輪が点在します。築城時期や築城者については定かではないが、文献
によれば南北朝時代に初めてその名が登場します。
戦国時代の上州は甲斐の武田氏、越後の上杉氏、小田原の北条氏による支配権
争いが繰り広げられ、永禄6年(1563)斉藤越前守憲広の本城であった岩櫃城は
武田信玄の家臣.真田幸隆の手によって落城し武田氏の支配するところとなりまし
た。武田氏滅亡後この地は真田氏の支配となり、信州.上田城から上州.沼田城
を結ぶ真田道の中間地点として重要な位置を占めることとなりました。

現地案内板より 抜粋


岩櫃城 本丸 画像
岩櫃山 画像
岩櫃城二の丸から遠望 
松本楓湖筆.信玄公宝物館蔵
岩櫃城本丸跡 画像

真田安房守昌幸

足軽大将、岩櫃城主

岩櫃城址