明徳寺 

明徳寺山門 画像

同地.松代出身で
旧日本軍.小笠原方面軍最高指揮官
栗林忠道陸軍大将の墓

辞世の句は
「国のため重き務めを果たしえて
矢弾尽き果て散るぞ悲しき」


栗林大将は戦地では中将でしたが
戦死広報とともに大将に昇進しました。

高坂弾正忠昌信

侍大将、海津城主

別名、虎綱。幼名は源助、戦国三弾正の一人で、合戦し際し、冷静に情報を集め
て分析、決して強引な戦をしない慎重な性格から”逃げ弾正”と称された。
信玄の寵童として出仕し、使番、侍大将と出世し、越後の上杉謙信の備えとして
海津城主となった。

昌信の性格は
物に動揺せず、 我意をたてず、 人の功を先にして己の功を後にする。
主君のために謀りごとを考え、戦いにおいても勝ちを好まず、士卒の討死を
無きようにと考えた。

天正3年、有名な”長篠の戦い”には参加していないが、戦局が心配になった
昌信は急遽八千の引き連れ下伊那まで早駆けすると、大敗した勝頼と遭遇した。
敗軍の将というイメージを与えないように体裁を整え、勝頼を甲府まで送った。

謙信が病没すると、越後に「御館の乱」が起こり、武田家もそれに巻き込まれること
になるが、その行方を心配しながら海津城で死去した。享年52歳。

明徳寺は1390年(明徳元年)に僧明徳が建立したとされ、武田の知将といわれた海津城主.高坂弾正忠の墓がある曹洞宗
のお寺。高坂弾正の帰依が厚く、諸堂を修理して開基となった。ご本尊は薬師如来。お堂には「酒飲み弥勒」の伝承を持つ弥
勒菩薩も安置されている。本堂裏には、ヒキガエルが産卵のために群集する「蛙合戦」の池などがある。
なお、映画「硫黄島からの手紙」で注目された栗林忠道中将(長野県松代町出身)の墓碑も建立されている。

長野市 信州.風林火山 特設サイト ”川中島の戦い”より 抜粋


栗林忠道陸軍大将の墓 画像
高坂弾正忠墓所 画像
明徳寺本堂 画像
高坂弾正忠昌信公の墓 画像

松本楓湖筆.信玄公宝物館蔵

− 長野県 長野市 松代町 豊栄 −