- 長野県 千曲市大字上山田 -

荒砥城 二の郭 画像
荒砥城址 画像

地荒砥城は今から400年前に、この地を治めていた村上しの一族である「山田氏」によって築かれた城で
郭が連なるように並んでいるところから「連郭式山城」と呼ばれています。
この時代は、全国各地で戦が繰り広げられた戦国時代という時代です。この地の例外ではなく、荒砥城と
千曲川を挟んだ対岸の山頂に築かれた葛尾城の城主.村上義清は、上田原の戦いや砥石城の戦いでは
武田信玄との戦ら勝ち、領地を守ってきましたが、武田軍の圧倒的な軍勢の前に1553年、ついに葛尾城
は落城し、荒砥城もこの戦いで城主を失い、山田氏は滅亡してしまいます。
その後、川中島の戦いを経て荒砥城は上杉氏の治める城となりますが、海津城の副将であった屋代秀正
は上杉方に背き、海津城を出て荒砥城に篭ります。
1548年、上杉軍に攻められた荒砥城は落城して廃城となり、城としての役割を終えます。

荒砥城址は現在”千曲市城山史跡公園”として整備され、一般に公開されています。
2007年大河ドラマ「風林火山」では、ロケ地(海の口城)として使われました。


現地入場パンフレットより抜粋

荒砥城 本郭 画像
荒砥城 兵舎 画像

当時の様子「想像図」

荒砥城 遠望 画像

荒砥城跡