先達城跡 

多田淡路守常昌の墓 画像

多田淡路守(久蔵)常昌

足軽大将、先達城主

久蔵が曳き立てられたのは、織田信長の本陣であった。
裸に剝かれ、後ろ手に縛りあげられ久蔵は、平然とまわりを見渡した。
「....強情な......、名前を名乗らんかい」
体中に残る凄まじい刀傷と、それにめったなことでは見かけない派手な緋どんすの褌
名のある武者と見た足軽たちは、たちまち色めき立った。
名乗らず黙っていれば、そのうち地位の高い武将のところへ連れていかれる....
それを久蔵はじっと待っていた。
やがて信長の臣で久蔵もその名を聞いたことがある長谷川藤五郎秀一が目の前に
現れた。
「名乗らぬのなら、このまま雑兵の手にかけてなぶり殺しさせるまでよ。もし、ここで
名乗れば士として腹を切らせてやるが、どうじゃ?」
「ならばよい。わが名は多田久蔵....美濃の者じゃ」
「ほう、あの多田三八殿が倅か?」
「いかにも、その三八が倅でござる」久蔵は胸を張った。

「その方が、かの火車鬼の三八が倅か?」
信長は、多田三八の火車鬼退治の話を知っていた。珍しい褌を締めているのも、新奇
なものが好きな信長の嗜好に合ったらしい。
「....淡路には久蔵と新蔵のふたりの倅があるやに聞く。その方はいずれぞ?」
と、かん高い声で聞いた。
「久蔵でござるわ。生け捕られたのは多田家末代までの恥辱。疾くこの首はねられい」
「そうか」信長は上機嫌であった。
「まぁ、聞け。おぬしの父御は美濃の生まれと聞いておる。美濃、尾張は同じ国のよう
なもの。おぬしが許しを乞うならば尾張へ帰参させてもよい。どうじゃ、その方、われ
に奉公せぬか?」
「.......」
「藤五郎、その縄を解いてやれ」信長が命じた。
久蔵は、縛られていた両腕を大きく開き、前後左右に動かして立ちあがった。
誰もが信長の言葉に従って、召抱えを願い出ると思ったときであった。
無言のまま、久蔵の身体が反転した。
「ま、待て!」藤五郎が制止しようとした。
久蔵は門の外に飛び出し、塀に立て掛けてあった長柄の槍をかいこむと、再び門内
へと突進した。一瞬の出来事である。
縄を解かれたのをいいことに、そのまま逃走したんに見えた男が、また緋どんすの褌
一丁で逆走してきたのである。
「くらえ!」久蔵は槍をしごくと、体当たりで食い止めようとする護衛の武士5人を、目
も止まらぬ速さで突き伏せた。
「おのれも....」すばやく槍を返し、信長めがけて突き出した。
が-、あと数寸というきわどいところで、穂先が届かない。
藤五郎抜刀し、背後から斬った。ざ-っ、と血が噴き出た。
首をなかば断ち切られながらも、なおも久蔵の身体は前身しようという意志だけで
数歩動いた。
「斬れ!」床几から立ち上がり、身体を後退させながら信長が叫んだ。



徳間文庫発刊  新宮正春著 信玄狙撃 「久蔵の赤褌」より

地元の伝承によれば、富士見町先達にある「鳳凰山.常昌寺」の敷地には、武田信玄公家臣、多田淡路守常昌の館があった
という。常昌は、天正3年の長篠の合戦で討ち死にしたという。境内墓地には、天保年間ころ長篠の戦場跡より写し取ってきた
という墓碑があって、表に「知海常通居士位」裏に」三州長篠戦合天正3年5月4日夜 陣中右.淡地三八郎常政苑」と刻まれい
る。ただし、常昌その人について文献の上では見極め難い。
城跡は鹿之沢川左岸の尾根筋上に立地し、西北側(諏訪側)が急峻な谷で画される一方、東南側は緩傾斜となっている。
現在、城跡としての遺構は特に認められないが、北に広見木戸、南に南木戸の名を残し、それぞれに沿って二軒の「広見の家
」と「南の家」がある。また、寺を取り巻くように」城の家」という呼び名の家が四軒かぞえられる。明治4年の先達村絵地図には
字城と示されている。先達城跡が「城」であったことは、これらの呼称からも確かといえる。


富士見町指定史跡  現地案内板から抜粋



先達城跡 画像

- 長野県 諏訪郡富士見町 境 -