”春風に梅の桜も散りはてて 名のみぞ残る箕輪の山里”
辞世の一句を残し長野業盛は自害し、箕輪城は落ちた。
「あの者の行方は、まだ分からぬか?」業盛の後をついで一国一城の主となった修理亮
は、忍びの者を八方に飛ばして 上泉信綱 の行方を探させた。武田軍の囲いを破って
出奔し、桐生の大炊助直綱のもとに潜んでいるのとの知らせがきたのが箕輪城が落ちて
4日目のことだった。すぐさま修理亮は迎えの使者を桐生に送った。
”長野十六槍”と呼ばれた剛勇の士の中でも、特に重きを置かれたのが上泉信綱であり
信玄だけでなく、こたびの合戦の軍監をつとめた穴山信君も関心をもっていた。
「旗本として召抱えるように...」信玄に命じられた修理亮は、信綱を門の前まで出迎え、
用向きを伝えた。
「その儀は、お断りしたい」信綱はよく光る目でじっとみつめ、そういった。
以外な返答に修理亮がいくら理由を正しても、かすかに苦笑したきりであった。
「それよりも、あなたさまのその刀...」
修理亮がつけていた”左文字”の佩刀をめざとく見つけ、信綱は初めて白い歯を見せた。

「あなたさまは信玄公にとって、いわばその左文字の名刀のような存在でござりましょうな。
仕事をさせれば、よく切れる。それがしなどは、今更おのれを研ぎたて、ものの役に立とう
などとは思いませぬ」
修理亮に好意を持った信綱は、さらにこう付け加えた。
「...箕輪城では、老練な主の下では鞘におさまっていたものが、若い当主となってから
は、ただの抜き身となったように思えますな。切れ味が良すぎるゆえに、命を落とすことの
ないよう、あなたさまも気をつけられい」



徳間文庫発刊  新宮正春著 信玄狙撃 「修理亮の左文字」より

箕輪城 大堀切 画像
箕輪城跡 画像

箕輪城の近く 善龍寺にある 内藤塚

満行山 善龍寺

箕輪城は1500年頃、長野氏によって築城され、業政の代に全盛期を迎え、西上野の諸将と婚姻関係を結び勢力を拡大した。
永禄年間に入ると、西上野は甲斐の武田、相模の北条、越後の上杉の三つ巴の戦いの舞台となる。結果、長野方の要所で
ある「国峰城」甘楽町、「安中城」安中市、「松井田城」安中市、「倉賀野城」高崎市などが武田信玄によって落城。しかし、
長野業政は関東管領”山内上杉家”に対して最後まで礼を尽くし、武田軍による5回の箕輪城攻めをことごとくはね返してた。
永禄9年、難攻不落を誇った箕輪城も、業盛の代になると落城、信玄は軍功のあった”内藤修理亮”を箕輪城代として、西上野
7郡の郡代に命じた。


長野業盛公奮闘の図 画像
長野業盛の墓 画像
内藤塚 善龍寺 画像
善龍寺 画像
箕輪城 御前曲輪 画像

長野業盛公の墓

長野業盛の墓近く 大圓寺にある 業盛公奮闘の図

松本楓湖筆.信玄公宝物館蔵

内藤修理亮昌豊

侍隊将、西上野郡代


箕輪城跡 

− 群馬県 高崎市 箕郷町 東明屋 −