武州松山城址 画像
松山城二の丸 画像

武蔵野平野も北限に近づくと山波が迫ってくる。東西2km、南北4kmの吉見丘陵は東北に荒川と和田吉野川、西南に滑川と
市の川が流れ、独立した地形ではあるがわずかに比企丘陵と一体をなしている。吉見丘陵の西南端に位置するのが、中世の
中頃からその名が現れ、次第に名城としてまた、戦乱の焦点として歴史の舞台に登場したのが「武州松山城」である。
北武蔵地方屈指の平山城で、現存する城跡は当時の姿を良好に留めており貴重な文化財である。市の川に突き出た部分から
本丸、二の丸、春日丸、三の丸が南西から北東に一直線に並び、その両側に多くの曲輪や平場をもっている。


武田逍遥軒信廉

永禄5年に北条.武田.上杉の三大勢力が激突した”松山城攻防戦”は、地上戦が激しさを増しても
戦局が決定するに至らず、ついに戦いは地下にまで及んだ。
この戦に武田信玄は弟の信廉を影武者として布陣させたが、側近の者以外それに気がつくものは
居なかった。
城下の寺を本陣とした信廉は、ある日陣営の見廻りのため馬でふらりと出かけたが、その途中に
比企丘陵の麓に出た。そこには有名に「吉見百穴」があったが信廉は百穴をまだ知らない。
家来と問答をしているうち「百穴」からヒントを得て”坑道戦”を案出したという。
遠乗りを止めて本陣に戻った信廉は、即座に兄.信玄に使いを出し、甲州の金堀衆を派遣するよう
上申した。信玄はこの着想に驚いたが、すぐに請求通りの人数を送った。
穴は三か所から掘り進まれ、城下に爆薬を仕掛けると噂された城方は土壇場に追い詰められ、
援軍が来る前に落城したと言われている。




吉見町発刊  武州松山城 より抜粋

松山城遠望 画像
吉見百穴 画像

御親族衆侍隊将

武州松山城址 

− 埼玉県 比企郡 吉見町 −