黒川金山跡

黒川千軒跡 画像
黒川金山テラス 画像

恵林寺蔵

身延町.下部温泉の入口に
金山博物館があります。
当時の様子が模型で再現されたり、砂金採りが実際に体験できます。
興味がある方は是非、お出かけください。

甲斐の東北端、多摩川源流の山深く、かつては”黒川千軒”と繁栄ぶりがうたわれた金山町の跡が静かにねむっています。
甲州金48万両を産出し、武田家の膨大な軍資金を賄ったと言われています。
暗く神秘的な黒川谷に、忽然と姿を現す坑道口やテラスの数が、当時の規模の大きさを物語っています。

湯之奥金山博物館

穴山梅雪 画像

織田.徳川連合軍との戦を控え、鉄砲の必要性を痛感している彼は、泉州.堺の
豪商を黒川金山に案内したと言われています。
金山を見せることで、千挺の鉄砲を出世払いで購入しようとしますが、女郎の数か
ら産金量が半減していることを指摘され、”堺の商人は、いかなる仔細があろうとも
現金取引以外は応じられない”と断られてしまいます。

.............................

一旦は断られた”千挺の鉄砲”が、長篠の合戦の折、勝頼公引き揚げのしんがり
部隊で使われ、追撃隊の先方、本多忠勝の馬の腹を打ち抜いたと言われていま
す。武田側の思わぬ鉄砲の一斉射撃で、追撃隊はひるみ、勝頼公は窮地を脱し
甲府まで帰り着いたということです。


                          新田次郎著  武田金山秘史より


穴山玄蕃頭信君(梅雪斎不白

御親類衆筆頭 江尻城主

− 山梨県 甲州市 −