平田家住宅いろり 画像

この建物は元は小淵沢町松向(大イトザクラの近く)に在った。同家の由緒は、武田信玄公の家臣で山田但馬守の末裔と言われる。
松向村では抜きん出た経済力で長衛門を襲名。代々名主を務めた旧家である。
農家の形式として、八ヶ岳南麓の特長である「小さい破風を持つ入母屋造り」で、同系統の民家の中でも年代が際立って古い。
建物自体が東向きに建っているのは、金峰山を先祖代々信仰していたためと言われている。

以上 現地説明板より抜粋

名  称 (旧)平田家住宅 (いろりの家)
住  所 山梨県 北杜市 小淵沢町   
最寄駅 小海線 小淵沢駅下車 徒歩15分   
備  考 江戸時代中期に建てられた名主の旧家。規模も大きく、山梨県内でも貴重な存在。国指定重要文化財

いろりのある広い土間。左手に馬屋、手前にカマドがあります。

平田家住宅 画像
イドコ。今で言うリビングダイニング。奥の部屋はシモザシキ。現在の客間でしょうか。

軒下が異常に低い藁ぶき屋根