− 長野県北安曇郡池田町大字広津 −

「石造百体仏像」と呼ばれる石仏群や「毘沙門天像」など長野県宝や町文化財に指定されている多くの仏像が安置されており、
深い歴史を守り続けている地域として知られている。
標高919mの高照山展望台からは遠く浅間山を望むことができ、有志の方によって育てられている桜やシラネアオイも見所
の一つとなっている。



 池田町観光推進本部/池田町観光協会様発行 信州池田町ウォーキングガイドより

石造百体仏像

弘法大師の四国八十八霊場の代拝碑で、いつ頃造られたか?は定かではない

菅の田の姫杉 画像
栂の尾 木造毘沙門天立像 画像

木造毘沙門天立像

平安時代後期の作と云われている。
本体は、檜材一本造りで、高さ111cm、左手に法燈を掲げ、
右手に法棒を握り、両足で天邪鬼を踏んで邪悪を押えている。
四天王の一尊で別名を多聞天ともいう。
像の造りはぬ皮川革甲冑に法衣を着流し、短い袴に微かに彩色
模様を残し、全体の釣り合いに隙がなく胴の締まりやその緊張感
に古い俤が漂いをみせ、本尊の価値の高さを現わしている。
確かな記録を持たず、正確なことは分かっていないが、日野沢の
南限長尾の谷間、堂屋敷に祀られていたが、地すべり火災等の
難を経て昭和46年に現在地に新築した仏殿に安置された。


  現地案内板より

広津 石造百体仏像 画像
菅野田 厄除観音堂 画像

町天然記念物

菅の田の姫杉  厄除観音堂

秘境.「広津の山里」