長野県指定民俗文化財.「芦ノ尻道祖神」

− 長野県 長野市大岡 −

正月の七日、芦ノ尻では家々から松飾の注連縄を運び道祖神の石碑に飾り付ける。目、鼻、口、眉毛。口ヒゲ、顎髭、冠、
を形づくり、威厳をもたせて願いをこめた神面とする。
御神酒樽、三つ重ねの酒杯、肴もつくりお供えする。人々は集落に悪霊がはいりこまないようにと心をこめて造り、無病息災
を、また豊作を祈る。十五歳になった若者が道祖神に一升供えて若い衆の仲間入りするのもこのときである。供えたおみき
が配られ直会がおこなわれる。
一年間の守護役をつとめた神面は、夜のどんど焼きの火とともに自然にかえる。
石造道祖神の密集する地帯の中で、東北や新潟に分布の多い”藁製道祖神”を思わせる存在は注目すべき奇祭と言える。


   現地案内板より

芦ノ尻道祖神祭り
芦ノ尻道祖神 画像