身延往還.赤沢宿

(重要伝統的建造物群保存地区)

− 山梨県 南巨摩郡 早川町 −

赤沢宿 旅館大黒屋 画像
赤沢宿 妙福寺 画像
赤沢宿 石畳 画像
赤沢宿 きくや 画像

早川町赤沢は、江戸時代の頃から日蓮宗身延本山と七面山を結ぶ身延往還の宿場として栄えた所です。
現存する伝統的な家屋は十八世紀後半から明治、大正期にかけて建てられ、その七割が主屋です。平屋建て小屋組構造に
古式を残し、かつては板葺き屋根の集落でした。
明治初年に九軒の旅籠屋がありましたが、後に増.新築した総二階造りの旅館型主屋に変わっています。通りに面した土間廊下
側にマネギ板と呼ぶ講中札が下がり、当時の面影を残しています。
赤沢の町並みは、伝統的な石垣.坂道.畑地などからも構成され、周辺の山並みとよく調和した集落景観を保っています。


早川町教育委員会 現地案内板より

早川町 赤沢 画像
赤沢宿 大阪屋 画像