力石 画像

ここにある13個の大きな石は「力石」と言って、昔、若者たちが力比べに使ったものです。
今日と違い、娯楽の少なかった時代には、神社の祭礼の日、若者たちは大きな石を頭上
高くかがげて、その力を競い合い、持ち上げた石に重量や姓名を刻んで奉納しました。
刻まれている銘文からは、新井村や上高田村から集まった若者たちが、三十八貫目余り
(約144kg)〜七十貫(263kg)までの石を持ち上げ奉納したことがわかります。
力石の行事は、娯楽面だけではなく、その多くが神社の境内にあることからも、本来は
神事儀礼であり、また、重い石を持ち上げることで一人前として社会に認められた、当時の
通過儀礼のひとつでもありました。

現地案内板より

北野神社 画像
天満宮境内 画像
名  称 北野神社/力石
住  所 東京都中野区新井四丁目14−3   
最寄駅 JR中央線:中野駅下車徒歩12分 西武新宿線 新井薬師前駅下車徒歩7分      
備  考 天正時代から新井村の鎮守で”天満宮”と称する。祭りの日に若者が力自慢を競った「力石」が残る