巨大魚.浪太郎が棲む伝説の池

この池は海抜540m、深さ13m、周囲
20km、面積50haのカルデラ地形の東
端にある天然の池である。
特殊な地形、地質のためか、年間を通し
て水面が一定しており、特別な出口は
ないが、池底、水面とも岸へ向かう静か
な流れがある。このため池に落ちた木の葉は岸へ流れ「高浪の池」には木の葉がないと言われる所以になっている。

また今から50年前、地元住民が放流したと伝えられる「コイ」が現在では3m以上の大きさに成長し、ときどき水面に姿を現すとの噂がある。

現地案内板より

緑の屋根は高原交流センター 食堂もあります

池の守り神? 高浪社

キャンプ場もあります

明星山をバックに、神秘的に美しい高原の湖

名  称 高浪の池
住  所 新潟県 糸魚川市 小滝19336    
最寄駅 大糸線 小滝駅下車徒歩120分      
備  考 標高540m、白馬山麓国民休養地にある神秘的な池。1年中満々と水を湛え「巨大魚」の目撃が後を絶たない。