名  称 国指定史跡 矢出川遺跡
住  所 長野県 南佐久郡 南牧村 大字野辺山    
最寄駅 小海線 野辺山駅下車徒歩20分      
備  考 日本で初めて発見された「細石刃文化遺跡」
矢出川遺跡 画像

矢出川遺跡

昭和28年、地元研究者由井茂也と
先史考古学者の芹沢長介、岡本勇
らの手によって日本で初めて発見
された細石刃文化遺跡。
この発見により東アジアに広く認めら
れてる細石刃文化が日本にも存在
することが判明した。発見から50年
後の現在、北海道から九州にかけて
1000箇所以上の細石刃文化遺跡
が確認されている。

細石刃とは、長さ数センチ、幅1センチ
未満の細長いカミソリのような刃のよう
な石器をいい、本州では後期旧石器
時代の終末期にあたる一万数千年前
に用いられた。

現地案内版より抜粋