名  称 特に無し
住  所 山梨県 北杜市 大泉町   
最寄駅 小海線 甲斐大泉駅下車    
備  考 八ヶ岳山麓.大泉高原の某所 野鳥観察の隠れスポット 野鳥の会会長.柳生博さんの八ヶ岳倶楽部近くです
ススキの穂が秋風に揺れる大泉高原。野鳥たちも活発になるのでしょうか?いろいろな場所でお目にかかれるようになります。
コガラ 画像 写真

ヤマガラ(シジュウカラ科)

カラ類の中で、もっとも大型の鳥。
留鳥で一年中同じ場所で雄雌で生活する。
餌台の餌が無くなると”ピーピーピーと催促する?
ハマワリの種よりピーナッツが大好き。

ゴジュウカラ(ゴジュウカラ科)

流線型の体で、枝に逆さまになったり、垂直に登り降りした
りと忍者のような動きが特徴的。
木を食害する虫を食べくれる益鳥。

イカル(アトリ科) 写真右

シメ(アトリ科) 写真左

冬鳥で山梨へは10月〜11月頃渡ってくる。
明るい林に住むが、この鳥が餌台に現われるのは
春になってからで、厳冬期に見ることはない。
食欲旺盛で、なごり雪の日、餌台はまさに弱肉強食の
世界である。

イカル シメ 画像 写真
ゴジュウカラ 画像 写真

シジュウカラ(シジュウカラ科)

都市にも山地にも住んでいてよく見かける小鳥。
ヒマワリの種は大好物。餌台、巣箱など人工物を
良く利用する愛嬌もの。

シジュウカラ 画像 写真

※説明文  山梨日日新聞社発行 山梨の野鳥より

コガラ(シジュウカラ科)

シメの餌台でのライバル。
何故か一緒に現れては奪い合いを演じている。
イカル、シメが餌台に現われると、カラ類は近づけない。

山梨県内では富士山麓と八ヶ岳山麓で良く見られる。

ヤマガラ 画像 写真

シジュウカラよりも小さく、顔が黒く体は白っぽい。
クチバシの下の模様が蝶ネクタイみたいで愛らしい。