鳥の小池      − 山梨県北杜市大泉町 −

この池は古くからあり、地域の大部分の人々はこの池の水を飲料水にしていた。ある冬の寒い日のことであった。
氷にとざされた池の面にどこからともなく、一羽の美しい鳥が舞い降りたところ、村人達はこの鳥を捕えてしまった。
その鳥は「命ばかりはお助けください」と哀願したが、村人達はこの願いを聞かなかった。そして無残にもその鳥を
殺し、煮て食べることに話が決まった。ところが急に池の面から白い煙が立ち上ったかと思うと居合わせた人々は
にわかに眠くなり、その場で眠ってしまった。
そして全部の人が不思議にも夢を見た。それは「この池はいつともなく、なくなるであろう。古くからある井戸はよい
が、新しく井戸を掘っても水は出ない。なお、新しく井戸を掘るとその家は火事になる」と言うものであった。
一同は夢からさめ恐怖の眼を見合わせて語り合って見ると不思議なことに誰の夢も同じであった。注意してみると
その鳥は妊娠していたのである。村人達はその鳥の亡骸を丁重に葬り、池の中に祠を建ててその霊を慰めた。
その後、村はだんだん繁栄して、新しい家を建て、新しい井戸を掘った者もあったが、さし障りはなかったと言われ
ている。


大泉町教育委員会


現地案内板より

鳥の小池 画像