大深山遺跡 画像 写真

名前は”川上村遺跡マレットゴルフ場です

昭和初期、牧場新設の際、土器が出土したことにより発見された縄文時代の遺跡。住居200戸と全国的にも稀に見る
大規模遺跡であり標高1300mは全国一高所にある遺跡である。
発掘調査は昭和28年11月、東大考古学研究室が中心に数日間行われ、その後、大深山観光協会による調査が数回
おこなわれた。成果は、住居址52箇所、石積4箇所、縄文式土器70点(完全な物)、石器類100点。


以上 現地説明板より抜粋

名  称 大深山遺跡
住  所 長野県 南佐久郡 川上村 大字大深山  
最寄駅 小海線 信濃川上駅下車   
備  考 縄文時代中期の代表的遺跡。何故かゴルフ場と一体になっており、遺跡説明板の横にコースの説明板がある。

大深山遺跡の入口  ちなみに右の建物はゴルフ場の施設です

これは住居址です。屋根が設置され大切に保存されています