昭和47〜49頃でしょうか?荒川線の終点早稲田駅です。
このころは、新目白通りも開通してなく、ドラム缶のごみ箱
が長閑な雰囲気です。空も広く、早稲田車庫跡に建設された
都営早稲田アパートが巨大に見えます。

現在の早稲田駅です。電停は屋根も付いて近代化されています。
両脇の新目白通りはいつも渋滞しているようです。
都営早稲田アパートの端がわずかに見え、同地点ということが
分かります。

都電 荒川線  今昔.photo

− 早稲田電停 −